【C++メモ】WindowsAPI:GetLocalTime関数

このAPIは現在時刻を取得する際に使用します。
同じようなAPIにGetSystemTimeがありますが、
GetLocalTimeはタイムゾーンを考慮して時間を取得するようです。

VB6・VBAではNow、.NET FrameworkではDateTime.Nowを使えばほぼ事足りますが、
一応サンプルは書いておきます。

概要
void GetLocalTime(LPSYSTEMTIME lpSystemTime)
機能 現在のローカル日時を取得
引数 lpSystemTime 日時を格納する値 LPSYSTEMTIME
(*LPSYSTEMTIME = SYSTEMTIME)
戻り値 なし
SYSTEMTIME構造体
メンバー 説明
wYearWORD
(unsigned short)
wMonthWORD
(unsigned short)
月(1月=1)
wDayOfWeekWORD
(unsigned short)
曜日(日曜=0, 月曜=1)
wDayWORD
(unsigned short)
wHourWORD
(unsigned short)
wMinuteWORD
(unsigned short)
wSecondWORD
(unsigned short)
wMillisecondsWORD
(unsigned short)
ミリ秒
使用例:現在時刻を取得
#include <Windows.h>

void Sumple() {
    char weekStr[7][5] = {"日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"};

    //現在日時を取得
    SYSTEMTIME t;
    GetLocalTime(&t);

    //現在日付を出力
    printf("%04d年%02d月%02d日(%s)¥n",
        t.wYear, 
        t.wMonth, 
        t.wDay, 
        weekStr[t.wDayOfWeek]);

    //現在時刻を出力
    printf("%02d時%02d分%02d.%d秒¥n", 
        t.wHour, 
        t.wMinute, 
        t.wSecond, 
        t.wMilliseconds);
}
2012年07月02日(月)
13時06分46.986秒


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック