C#.NETメモ:String.Format:数値0埋め

C#.NETで数値の0埋めをする方法をメモしておきます。
数値の桁数を揃えたいときに良く使うかと思います。

String.Formatメソッドで使うと簡単に実現することができます。
以下のような書式を指定すると数値を0埋めした文字列が返ります。(例では5桁の場合)

   『{インデックス:D5}』 または 『{インデックス:00000}』

また、以下のような書式を指定すれば文字数も指定できます。(例では10文字+5桁0埋めの場合)

   『{インデックス, 10:D5}』 または 『{インデックス, 10:00000}』
内容 記述例 出力
数値0埋め
(123を5桁0埋め)
string msg = String.Format("『{0:D5}』", 123);
Console.WriteLine(msg);
『00123』
string msg = String.Format("『{0:00000}』", 123);
Console.WriteLine(msg);
『00123』
数値0埋め
(123を5桁0埋め+10文字右詰め)
string msg = String.Format("『{0,10:D5}』", 123);
Console.WriteLine(msg);
『     00123』
string msg = String.Format("『{0,10:00000}』", 123);
Console.WriteLine(msg);
『     00123』
数値0埋め
(123を5桁0埋め+10文字左詰め)
string msg = String.Format("『{0,-10:D5}』", 123);
Console.WriteLine(msg);
『00123     』
string msg = String.Format("『{0,-10:00000}』", 123);
Console.WriteLine(msg);
『00123     』


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック