C#.NETメモ:String.Format:文字列の空白埋め

C#.NETの文字列の空白埋めを行う方法をメモしておきます。
文字列の文字数を揃えたいときに良く使うかと思います。

以下のような書式を指定すると文字列を指定文字数で空白埋めした文字列が返ります。(例では10文字の場合)

  『{インデックス, 10}』

なお、文字数に正数を指定すると右詰め、負数を指定すると左詰めになります。
内容 記述例 出力
文字列の空白埋め
(ABCを10文字右詰め)
string msg = String.Format("『{0,10}』", "ABC");
Console.WriteLine(msg);
『       ABC』
文字列の空白埋め
(ABCを10文字左詰め)
string msg = String.Format("『{0,-10}』", "ABC");
Console.WriteLine(msg);
『ABC       』


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック