Windows API:VB6・VBAでの宣言一覧(V)

Windows APIのVB6やVBAでの宣言方法がなかなか覚えられないので一覧を作ってみました。
VB6のAPIビューアにあるものを一通り一覧にしましたが…思ったより多いですね…;
(多すぎてブログの文字数制限を超えたので一覧は分割しています;)
使い方もぼちぼち更新していきます。

絞込:

| A | B | C | D | E | F | G1 | G2 | H | | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S1 | S2 | T | U | V | W | X | Y | Z |

WindowsAPI:VB6・VBA定義一覧
関数名宣言記述例 / 説明
ValidateRect Declare Function ValidateRect Lib "user32" Alias "ValidateRect" (ByVal hwnd As Long, lpRect As RECT) As Long
指定されたウィンドウの更新リージョン領域から、指定された長方形を削除し、その長方形の中のクライアント領域を有効にします。
ValidateRgn Declare Function ValidateRgn Lib "user32" Alias "ValidateRgn" (ByVal hwnd As Long, ByVal hRgn As Long) As Long
指定されたウィンドウの現在の更新リージョンから、指定された他のリージョンを削除することにより、指定された他のリージョン内のクライアント領域を有効にします。
VerFindFile Declare Function VerFindFile Lib "version.dll" Alias "VerFindFileA" (ByVal uFlags As Long, ByVal szFileName As String, ByVal szWinDir As String, ByVal szAppDir As String, ByVal szCurDir As String, lpuCurDirLen As Long, ByVal szDestDir As String, lpuDestDi rLen As Long) As Long
VerInstallFile Declare Function VerInstallFile Lib "version.dll" Alias " VerInstallFileA" (ByVal uFlags As Long, ByVal szSrcFileName As String, ByVal szDestFileName As String, ByVal szSrcDir As String, ByVal szDestDir As String, ByVal szCurDir As String, ByVal szTmpFile As String, lpuTmpFileLen As Long) As Long
VerLanguageName Declare Function VerLanguageName Lib "kernel32" Alias "VerLanguageNameA" (ByVal wLang As Long, ByVal szLang As String, ByVal nSize As Long) As Long
VerQueryValue Declare Function VerQueryValue Lib "version.dll" Alias "VerQueryValue" (pBlock As Any, ByVal lpSubBlock As String, ByVal lplpBuffer As Long, puLen As Long) As Long
VirtualAlloc Declare Function VirtualAlloc Lib "kernel32" Alias "VirtualAlloc" (lpAddress As Any, ByVal dwSize As Long, ByVal flAllocationType As Long, ByVal flProtect As Long) As Long
呼び出し側プロセスの仮想アドレス空間内のページ領域を、予約またはコミットします。
VirtualFree Declare Function VirtualFree Lib "kernel32" Alias "VirtualFree" (lpAddress As Any, ByVal dwSize As Long, ByVal dwFreeType As Long) As Long
呼び出し側プロセスの仮想アドレス空間内のページ領域の解放、コミット解除、解放およびコミット解除のいずれかを行います。
VirtualLock Declare Function VirtualLock Lib "kernel32" Alias "VirtualLock" (lpAddress As Any, ByVal dwSize As Long) As Long
プロセスの仮想アドレス空間をメモリへロックし、その領域へのそれ以降のアクセスでページフォールトが発生しないようにします。
VirtualProtect Declare Function VirtualProtect Lib "kernel32" Alias "VirtualProtect" (lpAddress As Any, ByVal dwSize As Long, ByVal flNewProtect As Long, lpflOldProtect As Long) As Long
呼び出し側のプロセスの仮想アドレス空間内のコミット済みページ領域に対するアクセス保護をの状態を変更します。
VirtualProtectEx Declare Function VirtualProtectEx Lib "kernel32" Alias "VirtualProtectEx" (ByVal hProcess As Long, lpAddress As Any, ByVal dwSize As Long, ByVal flNewProtect As Long, lpflOldProtect As Long) As Long
指定されたプロセスの仮想アドレス空間内のコミット済みページ領域に対するアクセス保護の状態を変更します。
VirtualQuery Declare Function VirtualQuery Lib "kernel32" Alias "VirtualQuery" (lpAddress As Any, lpBuffer As MEMORY_BASIC_INFORMATION, ByVal dwLength As Long) As Long
呼び出し側のプロセスの仮想アドレス空間にある範囲のページに関する情報を取得します。
VirtualQueryEx Declare Function VirtualQueryEx Lib "kernel32" Alias "VirtualQueryEx" (ByVal hProcess As Long, lpAddress As Any, lpBuffer As MEMORY_BASIC_INFORMATION, ByVal dwLength As Long) As Long
指定されたプロセスの仮想アドレス空間にある範囲のページに関する情報を取得します。
VirtualUnlock Declare Function VirtualUnlock Lib "kernel32" Alias "VirtualUnlock" (lpAddress As Any, ByVal dwSize As Long) As Long
プロセスの仮想アドレス空間にある指定された範囲のページをロック解除し、必要に応じてシステムがそのページをページングファイルにスワップアウトできるようにします。
VkKeyScan Declare Function VkKeyScan Lib "user32" Alias "VkKeyScanA" (ByVal cChar As Byte) As Integer
任意の文字を、現在のキーボードに対応する仮想キーコードとシフト状態に変換します。
VkKeyScanEx Declare Function VkKeyScanEx Lib "user32" Alias "VkKeyScanExA" (ByVal ch As Byte, ByVal dwhkl As Long) As Integer
任意の文字を、対応する仮想キーコードとシフト状態へ変換します。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック