Windows API:VB6・VBAでの宣言一覧(J)

Windows APIのVB6やVBAでの宣言方法がなかなか覚えられないので一覧を作ってみました。
VB6のAPIビューアにあるものを一通り一覧にしましたが…思ったより多いですね…;
(多すぎてブログの文字数制限を超えたので一覧は分割しています;)
使い方もぼちぼち更新していきます。

絞込:

| A | B | C | D | E | F | G1 | G2 | H | | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S1 | S2 | T | U | V | W | X | Y | Z |

WindowsAPI:VB6・VBA定義一覧
関数名宣言記述例 / 説明
joyGetDevCaps Declare Function joyGetDevCaps Lib "winmm.dll" Alias "joyGetDevCapsA" (ByVal id As Long, lpCaps As JOYCAPS, ByVal uSize As Long) As Long
ジョイスティックを照会してその性能を調べます。
joyGetNumDevs Declare Function joyGetNumDevs Lib "winmm.dll" Alias "joyGetNumDev" () As Long
ジョイスティックドライバを照会して、サポートされるジョイスティック数を取得します。
joyGetPos Declare Function joyGetPos Lib "winmm.dll" Alias "joyGetPos" (ByVal uJoyID As Long, pji As JOYINFO) As Long
ジョイスティックを照会して、その位置とボタンの状態を取得します。
joyGetPosEx Declare Function joyGetPosEx Lib "winmm.dll" Alias "joyGetPosEx" (ByVal uJoyID As Long, pji As JOYINFOEX) As Long
ジョイスティックを照会して、その位置とボタンの状態を取得します。
joyGetThreshold Declare Function joyGetThreshold Lib "winmm.dll" Alias "joyGetThreshold" (ByVal id As Long, lpuThreshold As Long) As Long
ジョイスティックを照会して、現在の移動しきい値を取得します。
joyReleaseCapture Declare Function joyReleaseCapture Lib "winmm.dll" Alias "joyReleaseCapture" (ByVal id As Long) As Long
指定のキャプチャされているジョイスティックを解放します。
joySetCapture Declare Function joySetCapture Lib "winmm.dll" Alias "joySetCapture" (ByVal hwnd As Long, ByVal uID As Long, ByVal uPeriod As Long, ByVal bChanged As Long) As Long
指定されたウィンドウにメッセージを送信して、ジョイスティックをキャプチャします。
joySetThreshold Declare Function joySetThreshold Lib "winmm.dll" Alias "joySetThreshold" (ByVal id As Long, ByVal uThreshold As Long) As Long
ジョイスティックの移動しきい値を設定します。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック