VB6・VBA関数メモ:Stopステートメント

Stopステートメントについてメモしておきます。

このステートメントは処理を中断させたいときに使用します。

コンパイル済みの実行可能ファイルから実行した場合はメッセージを表示して終了します。
デバッグ中の場合は処理を一時停止します。

実行可能ファイルで処理を中断させたくない場合は、Debug.Assertメソッドを使いましょう。
(※ExcelVBA等の場合はDebug.Assertを使っても、デバッグ中でなくても一時停止してしまいます)


概要

Stop
機能 処理を中断
引数 なし
戻り値 なし


使用例

説明 記述例 出力
cntが3となる場合に処理を停止
Dim cnt As Long

cnt = 0
Do While cnt < 10
    Debug.Print cnt
    If cnt = 3 Then
        Stop
    End If
    cnt = cnt + 1
Loop
 0 
 1 
 2 
 3 
(ここで処理を一時停止)


動作検証

説明 記述例 出力
実行ファイルの場合はメッセージが表示される
Dim cnt As Long

cnt = 0
Do While cnt < 10
    Debug.Print cnt
    If cnt = 3 Then
        Stop
    End If
    cnt = cnt + 1
Loop



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック