VB6・VBA関数メモ:Debug.Assertメソッド

Debug.Assertメソッドについてメモしておきます。

このメソッドはデバッグ時に、指定の条件から外れた箇所で処理を一時停止させたいときに使用します。

ブレークポイントを貼ったりはがしたりする手間が省けて便利だったりしますが、
ExcelVBA等で利用する場合は、マクロ実行等のデバッグ中でなくても一時停止してしまうので、
最後には必ず消しておくようにしましょう。
(VB6でコンパイル済みの実行可能ファイルでの実行時では一時停止しません)


概要

Debug.Assert BooleanExpression
機能 Falseとなった場合に処理を一時停止
引数 BooleanExpression 処理を一時停止させる条件 (Boolean型)
戻り値 なし


使用例

説明 記述例 出力
cntが3となる場合に処理を停止
Dim cnt As Long

cnt = 0
Do While cnt < 10
    Debug.Print cnt
    Debug.Assert (cnt <> 3)
    cnt = cnt + 1
Loop
 0 
 1 
 2 
 3 
(ここで処理を一時停止)


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック