VB6・VBA関数メモ:Command関数

Command関数についてメモしておきます。

この関数はExe起動時に渡されたコマンドライン引数を取得する際に使用します。
引数が複数ある場合でも引数全体の文字列が返る為、分割する処理を書く必要があります。
引数の分割はSplit関数を使えば良いかと思います。


概要

Command()
機能 コマンドライン引数を返す
引数 なし
戻り値 コマンドライン引数


使用例

説明 記述例 出力
コマンドライン引数を表示 VB
Sub Main()
	MsgBox Command()
End Sub

コマンド
D:¥>Sumple.exe 123 ABC あいう

コマンドライン引数を表示
(分割)
VB
Sub Main()
    
    Dim cmds() As String
    Dim i      As Integer
    Dim str    As String
    
    cmds = Split(Command(), " ")
    
    str = ""
    For i = LBound(cmds) To UBound(cmds)
        str = str & cmds(i) & vbCrLf
    Next i
    
    MsgBox str

End Sub

コマンド
D:¥>Sumple.exe 123 ABC あいう



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック