VB6・VBA関数メモ:DeleteSettingステートメント

DeleteSettingステートメントについてメモしておきます。

このステートメントは、レジストリにデータを削除する際に使用します。

編集できる範囲は「HKEY_CURRENT_USER¥Software¥VB and VBA Program Settings¥」内に限定されるようです。
この場所以外を編集したい場合はWin32APIを使用する必要がありそうです。

レジストリにデータを保存する場合はSaveSettingステートメント
レジストリからデータを取得する場合はGetSetting関数またはGetAllSettings関数を使用します。


概要

SaveSetting AppName As String, [Section], [Key]
機能 レジストリから指定のセッションまたはキーを削除
引数 AppName アプリケーション名 String型
Section セクション名
(省略時はアプリケーション名単位で削除)
Key キー名
(省略時はセクション名単位で削除)
戻り値 なし


使用例

説明 記述例
(削除前のレジストリ状態)
レジストリのキーを削除
Call DeleteSetting("App", "Section1", "Key1")
レジストリのセクションを削除
(配下の全キーも削除)
Call DeleteSetting("App", "Section1")
レジストリのアプリケーション情報を削除
(配下の全セクション・全キーも削除)
Call DeleteSetting("App")


動作検証

説明 記述例 出力
存在しないアプリケーション名を指定した場合はエラー
On Error GoTo ERR_HANDLER
Call DeleteSetting("NoExists")
ERR_HANDLER:
If Err > 0 Then Debug.Print Error
プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。
存在しないセッション名を指定した場合はエラー
On Error GoTo ERR_HANDLER
Call DeleteSetting("App", "NoExists")
ERR_HANDLER:
If Err > 0 Then Debug.Print Error
プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。
存在しないキー名を指定した場合はエラー
On Error GoTo ERR_HANDLER
Call DeleteSetting("App", "Section1", "NoExists")
ERR_HANDLER:
If Err > 0 Then Debug.Print Error
プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック