VB6・VBA関数メモ:SaveSettingステートメント

SaveSettingステートメントについてメモしておきます。

このステートメントは、レジストリにデータを保存する際に使用します。
指定のキーが存在しない場合は作成し、既に存在する場合は上書きします。

編集できる範囲は「HKEY_CURRENT_USER¥Software¥VB and VBA Program Settings¥」内に限定されるようです。
この場所以外を編集したい場合はWin32APIを使用する必要がありそうです。

レジストリからデータを取得する場合はGetSetting関数またはGetAllSettings関数
レジストリのデータを削除する場合はDeleteSettingステートメントを使用します。


概要

SaveSetting AppName As String, Section As String, Key As String, Setting As String
機能 レジストリに指定の項目を保存
引数 AppName アプリケーション名 String型
Section セクション名 String型
Key キー名 String型
Setting 保存するデータ String型
戻り値 なし


使用例

説明 記述例
レジストリにデータを保存
Call SaveSetting("MyApplication", "MySection", "MyKey", "MyData")


動作検証

説明 記述例 出力
アプリケーション名が未指定の場合はエラー
On Error GoTo ERR_HANDLER
Call SaveSetting("", "MySection", "MyKey", "MyData")
ERR_HANDLER:
If Err > 0 Then Debug.Print Error
プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。
セッション名が未指定の場合はエラー
On Error GoTo ERR_HANDLER
Call SaveSetting("MyApplication", "", "MyKey", "MyData")
ERR_HANDLER:
If Err > 0 Then Debug.Print Error
プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。
キー名が未指定の場合はエラー
On Error GoTo ERR_HANDLER
Call SaveSetting("MyApplication", "MySection", "", "MyData")
ERR_HANDLER:
If Err > 0 Then Debug.Print Error
プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。
Nullで保存しようとするとエラー
On Error GoTo ERR_HANDLER
Call SaveSetting("MyApplication", "MySection", "MyKey", Null)
ERR_HANDLER:
If Err > 0 Then Debug.Print Error
Null の使い方が不正です。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック