VB6・VBA関数メモ:FileDateTime関数

FileDateTime関数についてメモしておきます。

この関数はファイルの作成日時または最終修正日時を取得する際に使用します。


概要

FileDateTime(PathName As String)
機能 ファイルの作成日時または最終修正日時を返す
引数 PathName ファイルのパス
String型
戻り値 ファイルの作成日時または最終修正日時 Variant型(Date型)


使用例

説明 記述例 出力
ファイルの作成日時または最終修正日時を取得
Dim path As String

path = "D:¥Sumple.txt"

Debug.Print FileDateTime(path)
2012/05/14 19:45:01 


動作検証

説明 記述例 出力
存在しないファイルのパスを指定するとエラー
On Error GoTo ERR_HANDLER

Dim path As String

path = "D:¥NoExists.txt"

Debug.Print FileDateTime(path)

ERR_HANDLER:

If Err > 0 Then Debug.Print Error
ファイルが見つかりません。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック