VB6・VBA関数メモ:CurDir関数

CurDir関数についてメモしておきます。

この関数はカレントフォルダを取得する際に使用します。
引数にドライブを指定すると、指定ドライブのカレントフォルダのパスを返します。
引数を省略した場合は、カレントドライブのカレントフォルダのパスを返します。

なお、カレントフォルダを変更する場合はChDirステートメント
カレントドライブを変更する場合はChDriveステートメントを使用します。


概要

CurDir(Drive)
機能 カレントフォルダのパスを返す
引数 Drive ドライブを示す文字列 Variant型
戻り値 カレントフォルダのパス Variant型(String型)


使用例

説明 記述例 出力
カレントフォルダのパスを取得
Call ChDrive("C")
Call ChDir("C:¥Dir1¥")

Debug.Print CurDir()
C:¥Dir1
カレントフォルダのパスを取得
(ドライブを明示的に指定)
Call ChDrive("C")
Call ChDir("C:¥Dir1¥")

Call ChDrive("D")
Call ChDir("D:¥Dir1¥")

Debug.Print CurDir("C")
C:¥Dir1


動作検証

説明 記述例 出力
存在しないドライブを指定するとエラー
On Error GoTo ERR_HANDLER

    Debug.Print CurDir("Z")

ERR_HANDLER:
    If Err > 0 Then Debug.Print Error
デバイスが準備されていません。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック