VB6・VBA関数メモ:MkDirステートメント

MkDirステートメントについてメモしておきます。

このステートメントはフォルダの作成を行う際に使用します。

既にフォルダが存在している場合はエラーとなります。


概要

MkDir Path
機能 フォルダの作成を行う
引数 Path 作成するフォルダパス


使用例

説明 記述例 出力
フォルダを作成する
MkDir "E:¥Dir"



動作検証

説明 記述例 出力
指定のフォルダが既に存在している場合はエラー
※例では"E:¥Dir"が存在
On Error Resume Next

'フォルダ作成
MkDir "E:¥Dir"

'エラー時は出力
If Err > 0 Then Debug.Print Error
パス名が無効です。
複数階層のフォルダを一括で作成することはできない
※例では"E:¥Dir"が存在しない
On Error Resume Next

'フォルダ作成
MkDir "E:¥Dir¥SubDir"

'エラー時は出力
If Err > 0 Then Debug.Print Error
パスが見つかりません。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック