VB6・VBA関数メモ:Log関数

Log関数についてメモしておきます。
この関数は自然対数(log X)を計算する際に使用します。

計算結果はネイピア数e(約2.71828182845905)のべき乗数なので
Log(2.71828182845905 ^ X)はXとほぼ同じ値になります。

この関数の逆関数にExp関数があります。


概要

Log(Number As Double) As Double
機能 指定した数値を自然対数で計算した結果を返す
引数 Number 指定値 Double型
戻り値 計算結果 Double型


使用例

説明 記述例 出力
自然対数を計算する Log(1) 0
Log(2) 0.693147180559945
Log(3) 1.09861228866811


動作検証

説明 記述例 出力
自然対数の計算はネイピア数eを基数とした指数 Log(Exp(1) ^ 3) 3
Log(Exp(3)) 3
Log(2.71828182845905 ^ 3) 3.00000000000001
文字列の数値を指定可能 Log("2") 0.693147180559945
文字列の数値(16進数)を指定可能 Log("&H2") 0.693147180559945
文字列の数値(8進数)を指定可能 Log("&O2") 0.693147180559945
文字列の数値(指数表記)を指定可能 Log("1E2") 4.60517018598809
0以下の数値を指定するとエラー Log(1) 0
Log(0) エラー
Log(-1) エラー
Double型の最大値(1.79769313486232E307)を
上回るとエラー
Log(1.79769313486232E308) エラー
Nullを指定するとエラー Log(Null) エラー


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック