VB6・VBA関数メモ:Exp関数

Exp関数についてメモしておきます。
この関数は指数関数を計算する際に使用します。

計算結果はネイピア数e(約2.71828182845905)のべき乗なので
Exp(X)は2.71828182845905 ^ Xとほぼ同じ値になります。
ネイピア数はExp(1)で取得することもできます。

この関数の逆関数にLog関数があります。


概要

Exp(Number As Double) As Double
機能 指定した数値を指数関数(ネイピア値eが底)の計算した結果を返す
引数 Number 指定値 Double型
戻り値 計算結果 Double型


使用例

説明 記述例 出力
指数関数を計算する Exp(1) 2.71828182845905
Exp(2) 7.38905609893065
Exp(3) 20.0855369231877


動作検証

説明 記述例 出力
ネイピア数eを取得 Exp(1) 2.71828182845905
指数関数の計算はネイピア数eのべき乗 Exp(3) 20.0855369231877
Exp(1)^3 20.0855369231877
2.71828182845905^3 20.0855369231878
文字列の数値を指定可能 Exp("2") 7.38905609893065
文字列の数値(16進数)を指定可能 Exp("&H2") 7.38905609893065
文字列の数値(8進数)を指定可能 Exp("&O2") 7.38905609893065
文字列の数値(指数表記)を指定可能 Exp("1E2") 2.68811714181614E+43
Double型の最小値(-1.79769313486231E308)を
下回るとエラー
Exp(-1.79769313486232E+308) エラー
709.782712893を上回るとエラー
(戻り値がDouble型の最大値を超える為)
Exp(709.782712893) 1.7976931341721E+308
Exp(709.782712894) エラー
Nullを指定するとエラー Exp(Null) エラー


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック