VB6・VBA関数メモ:Sqr関数

Sqr関数についてメモしておきます。
この関数は数値の平方根を取得する際に使用します。

ちなみに数値のべき乗を求める場合は関数ではなく ^演算子を使用します。
VB6・VBAにはべき乗を求める関数がないようです。(.NETにはMath.Powメソッドがある)
また、逆に平方根を求める演算子は存在しないようです。


概要

Sqr(Number As Double) As Double
機能 指定した数値の平方根を返す
引数 Number 指定値 Double型
戻り値 指定値の平方根 Double型


使用例

説明 記述例 出力
平方根を取得する Sqr(9) 3
Sqr(4^2) 4
Sqr(5) 2.23606797749979


動作検証

説明 記述例 出力
0未満の数値の場合はエラー Sqr(-1) エラー
Sqr(0) 0
文字列の数値を指定可能 Sqr("9") 3
文字列の数値(16進数)を指定可能 Sqr("&H10") 4
文字列の数値(8進数)を指定可能 Sqr("&O11") 3
文字列の数値(指数表記)を指定可能 Sqr("1E2") 10
Double型の最大値(1.79769313486232E307)を
上回るとエラー
Sqr(1.79769313486232E308) エラー
Nullを指定するとエラー Sqr(Null) エラー


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック