VB6・VBA関数メモ:CVar関数

CVar関数についてメモしておきます。
指定した値をVariant型に変換する際などに使用します。

正直いまいち使い道がわかりません…
Variant型に「=」で代入した方が使いやすい気が…;


概要

CVar(Expression)
機能 指定値をVariant型に変換
引数 Expression データ型を変換する値 Variant型
戻り値 変換した値 Variant型


使用例

説明 記述例 出力
文字列をVariant型に変換 CVar("abc") abc
数値をVariant型に変換 CVar(123) 123


動作検証

説明 記述例 出力
Nullを指定した場合でも変換される CVar(Null) Null
Nothingを指定した場合でも変換される CVar(Nothing) Nothing


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック