VB6・VBA関数メモ:CInt関数

CInt関数についてメモしておきます。
文字列の数値等をInteger型に変換する際などに使用します。

小数を指定したときの、小数以下は丸め方が少し特殊なので注意です。
四捨五入や切り上げ、切り捨てではありません。


概要

CInt(Expression) As Integer
機能 指定値をInteger型に変換
引数 Expression データ型を変換する値 Variant型
戻り値 変換した値 Integer型


使用例

説明 記述例 出力
文字列をInteger型に変換 CInt("123") 123


動作検証

説明 記述例 出力
指数表記の数値の文字列も変換可能 CInt("1E2") 100
他の数値型からの変換も可能
Dim val As Long
val = 123
Debug.Print CInt(val)
123
小数を指定した場合、最も近い整数に丸める CInt(12.51) 13
小数を指定した場合、最も近い整数に丸める CInt(12.49) 12
小数以下が0.5の場合、最も近い偶数に丸める CInt(11.5) 12
小数以下が0.5の場合、最も近い偶数に丸める CInt(12.5) 12
16進数の文字列も変換できる CInt("&HFF") 255
Integer型(-32,768〜32,767)なので
範囲外の値を指定するとエラーとなる
CInt("-32769") エラー
Integer型(-32,768〜32,767)なので
範囲外の値を指定するとエラーとなる
CInt("32768") エラー


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック