VB6・VBA関数メモ:Chr関数

Chr関数についてメモしておきます。
タブ文字や改行文字等を出力する際に便利だったりします。


概要

Chr(CharCode As Long)
機能 指定文字コードに対応する文字を返す
引数 CharCode 文字コード Long型
戻り値 指定文字コードの文字 Variant型(String型)


使用例

説明 記述例 出力
文字コードの文字を取得Chr(97) a
タブ文字を取得
"abc" & Chr(9) & "def"
abc	def
改行文字(ライン フィード文字)を取得
"abc" & Chr(10) & "def"
abc
def
改行文字(キャリッジ リターン)を取得
"abc" & Chr(13) & "def"
abc
def


応用例

説明 記述例 出力
Asc関数とChr関数の組み合わせで
1〜20を 銑瓦吠儡
Function Sumple(num As Integer) As String
    Sumple = Chr(Asc("") + num - 1)
End Function

Dim i As Integer
For i = 1 To 20
    Debug.Print Sumple(i)
Next i


・
・
・


Asc関数とChr関数の組み合わせで
半角アルファベットを全角アルファベットに変換
※通常はこの例よりStrConv関数を使った方が良いと思います。
Function Sumple(str As String) As String
    Sumple = Chr(Asc("A") + (Asc(str) - Asc("a")))
End Function

Debug.Print Sumple("x")
Debug.Print Sumple("y")
Debug.Print Sumple("z")
X
Y
Z


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック