VB6・VBA関数メモ:Asc関数

Asc関数についてメモしておきます。
文字の文字コードを取得する関数になります。

abc等並んだ文字の文字コードは連続した数値となっているので
Asc関数の使い方次第で「a,b,c…」のような順番でループを回すことができます。


概要

Asc(String As String) As Integer
機能 指定文字列の先頭の文字の文字コードを返す
引数 String 対象文字列 String型
戻り値 文字コード Integer型


使用例

説明 記述例 出力
文字の文字コードを取得 Asc("a") 97
複数文字の場合は先頭の文字が対象 Asc("abc") 97


応用例

説明 記述例 出力
a〜zの文字コードを順番に出力
For code = Asc("a") To Asc("z")
    Debug.Print code
Next code
97
98
・
・
・
121 
122 
Asc関数とChr関数の組み合わせで
1〜20を 銑瓦吠儡
Function Sumple(num As Integer) As String
    Sumple = Chr(Asc("") + num - 1)
End Function

Dim i As Integer
For i = 1 To 20
    Debug.Print Sumple(i)
Next i


・
・
・


Asc関数とChr関数の組み合わせで
半角アルファベットを全角アルファベットに変換
※通常はこの例よりStrConv関数を使った方が良いと思います。
Function Sumple(str As String) As String
    Sumple = Chr(Asc("A") + (Asc(str) - Asc("a")))
End Function

Debug.Print Sumple("x")
Debug.Print Sumple("y")
Debug.Print Sumple("z")
X
Y
Z


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック