Excel2007:マクロの警告画面を非表示にする

Excel2003ではマクロの警告画面が起動時に表示されていましたが、
Excel2007では警告バーのボタンをクリックしてから更に警告画面を表示する必要があり、
開発者としては手間が1つ増えて面倒くさいです。

マクロの許可をし忘れてVBEからデバッグしようとすると動作してくれないので更に面倒くさいです。
ここではマクロの警告を自動で解除する方法を紹介しておきたいと思います。



〆絃紊離フィスの○マークをクリックするとメニューが表示されます。
▲瓮縫紂爾留Σ爾砲△襦Excelのオプション」をクリックします。



「Excelのオプション」画面が開いたら、
「セキュリティ センター」を選択します。
ぁ屮札ュリティ センターの設定]ボタンをクリックします。


「セキュリティ センター」画面が開いたら、
ァ嵜頼できる場所」を選択します。


「信頼できる場所」に設定されているパスのファイルは警告画面がでなくなります。
パスを登録する方法は以下のようになります。

Α嵜靴靴ぞ貊蠅猟媛]ボタンをクリックします。

「Microsoft Office の信頼できる場所」画面が開いたら、
А峪仮函廛椒織鵑ら設定したいフォルダを指定します。
┿慊蠅靴織侫ルダのサブフォルダまで対象としたい場合は「この場所のサブフォルダも信頼する]にチェックを入れます。
「OK」ボタンをクリックします。




ちなみに下記のように、
「マクロの設定」から「警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする(L)」を選択しても
警告は表示されなくなりますが、セキュリティ上あまり宜しくないらいしいので
面倒でも上記の方法で設定するのをお勧めします。



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック